doggy × doggy!~僕の主人を紹介します~

  31, 2014 17:39


ユノは僕の自慢の主人だ。
すれ違う誰もが目を見張る程の整ったマスク。
高い身長に程良く肉のついた身体。
文句の付けようがない、完璧な外見だ。
性格も良いと僕は思っているが、少しクセ者である。
ユノの周りには、この容姿のため沢山の人間が寄ってくる。
単純に好意を持っているならまだいいが、そんな人間だけじゃない。
中には過剰な愛情や妬み、変わった趣向を持った奴もいる。
ユノはそんな奴らを見てきたせいで、若干人間不信なところがある。
これがクセのある性格の原因と言えるだろう。
初めはフレンドリーに接しているが、仲良くなり始めた頃にブラックな一面を見せる。
わざと嫌われるような行動に出るのだ。
それを受け入れて向き合おうとする人間には、ユノは自ずと心を開き自分を見せてゆく。
本当は熱い心を持っているし、一度好きになった人間にはとことん尽くす優しい男だ。
可愛い一面だってある。
でもその素顔は極一部の友人や家族、そして僕しか知らない。

そんなユノに新しい恋人が出来た。
まさかの男だが、僕が過去に見てきた恋人の中で一番綺麗な人だ。
外見だけでなく、汚れなき心がそう思わせるのかもしれない。
ユノが幸せそうにしているのが、僕は一番嬉しい。
しかし最近のユノは、思わずため息をついてしまう程幸せオーラ全開だ。









チャンミンとマンドゥイが僕らの家へやってきた。
二人が会う時はいつも、僕とマンドゥイも一緒だ。
日当たりの良い窓際でくっついていると、旨そうなニオイがしてきた。
キッチンで、チャンミンがカルボナーラを作っている。

『まだ?』
『もう少し』
『なぁ、まだ?』
『まーだ』

ユノは後ろからチャンミンに手を回して、肩にこてんと顎を乗せている。
二人とも楽しそうだが、見ていて恥ずかしくなる程のいちゃつきぶりだ。

『あとどれくらい?』

ユノの手が、チャンミンのエプロンの中へするりと入り込んだ。

『あ、ちょっと……!』
『チャンミナ、エプロン姿可愛いよ』

下の方で、ユノの手がもぞもぞと動き出す。

『ん……くすぐったい……』
『くすぐったいだけ?』
『あ、んっ……』
『正直に答えて?』
『き……気持ちいい……ヒョンッ』
『もう……お前可愛い過ぎ』

それから熱く濃厚なキスを交わして、二人は寝室へ消えた。
全く、こんな真っ昼間から。
エッチが終わってシャワーを浴びた二人が食事を始めたのは、大分後だった。
ずいぶんと放置された料理だったが、旨いを連呼しながらユノはそれらを口へ運んだ。
ユノを見るチャンミンの表情はユノへの愛が溢れていて、まるで妻のようだった。
チャンミンは出会った頃元気な青年という印象だったが、今は少し大人の雰囲気を纏っている。
ちょっとした表情やしぐさが色っぽくて綺麗だ。
好きな男に抱かれると、やはり人は変わるのかもしれない。






それから数日後。
ユノが携帯を見ながらニヤニヤしているのを不思議に思い、僕は首をかしげながらその様子を見ていた。

『お前、見たい?』

うーん、ちょっと気になる。

『ほら、特別な。可愛いだろ』

見せられた携帯の画面にはなんと、服を纏わず眠っているチャンミンが映っていた。
殆ど顔を映しているので身体は首から肩辺りまでしか映っていないが、恐らく事後の写真だろうと推測出来た。
こんなもの急に見せるなよ。
身体がほかほかしてきたじゃないか。

『これも』

今度は、テラスの花に水をあげているチャンミンの写真に切り替わった。
寝癖のついた髪をぴょこんと跳ねさせ、カメラ目線で微笑んでいる。
確かに、これは結構キュートだ。

『だろ?何でこんなに可愛いんだろうな。写真だけどキスしていいと思う?いいかな』

知るか!
こんなにもデレるユノを見るのは僕も初めてだ。
ユノはチャンミンの前では格好つけたがる。
少し意地悪なことばを言って、チャンミンが気持ちいい程度にいじめる。
甘く微笑んで好きだよと囁く。
それでチャンミンはいちころだ。
ユノをこんなにしている当の本人は、独りの時に締まり無い顔でニヤニヤしてる事なんて知らない。
きっと僕しか知らない。
チャンミンやマンドゥイにこっそり教えたくなるけど黙っておこう。
ユノは格好良く居たいんだ。
そして僕も、格好いいユノが一番好きだ。
誰かにチャンミンを自慢したくて堪らないけど、スマートでいなきゃならないユノはそれが難しい。
だから僕が聞いてあげる。
これも、ユノの相棒として大切な役割だと思う。



玄関のチャイムが鳴った途端、ユノは立ち上がった。

『あ、チャンミナ来た』

満面の笑みで部屋を出て行く。
さて、僕もマンドゥイを迎えに行こうかな。

あ、この話は内緒だよ?
もしバラしたと解ったらユノが怒るからね。
僕と皆だけの、秘密。











人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

Comment 2

NB  

さえ○んさま

★さえ○んさま

お話見て頂きありがとうございます!
テプンは元々賢い設定でいこうと思ってたんですが、書いているうちにユノがはっちゃけてしまったので、バランスを取るためにテプンはより冷静なワンちゃんになりました(笑)
リアルなユノには突っ込みが欠かせないと思ってます。
チャンミンの突っ込みは必須ですよね♥
テプンにも突っ込んでもらいました。
ユノは写真にチュッとしそうなイメージです(^^)
チャンミンの写真欲しいです。
きっとユノのフォルダにはチャンミンシリーズが沢山入ってます。羨ましい!
格好良いことで色々悩んでひねくれるってちょっと萌えます。
あまり共感される自信ないのですが(笑)

PV見るたび叫んでます。
わーい!さえ○んさん一緒にミンホ祭りしましょう(^^)
早くフル見たいですね。新たなラブラブシーンに期待です。
オフショはユノと絡むシーンでチャンミンのデュフ顔が炸裂するだろうと予想してます。
待ちきれないですね!

いよいよ福岡ですね!
席アリーナ後ろですか……(><)今回はバクステ無いですもんね。
狭い会場なら割りと近めで見れるのかも……
もう1つはアリーナじゃなくスタンドでしょうか?
席によっては、前列ならばスタンドより見やすかったりしますよね?
ミラクルが起こることを祈ってます!なむなむ……!

Tシャツおそろい嬉しいです♪
グリーン人気ある気がします。
でもドームで二人がピンク着てたらピンク欲しくなるっていう単純な私です。>

テレビでトンは貴重なので凄く楽しみですね♪
録画忘れたら立ち直れないので気をつけます。

今度はぜひライブの感想聞かせて下さいね!
楽しみにお待ちしてます(^^)

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?