蒼いイト あとがき


【 蒼いイト あとがき 】


























みなさま、今回も沢山の拍手、そしてコメントをどうもありがとうございましたm(__)m

拍手数って映画や本のレビューの☆ようだと思ってて、頂くととても嬉しいです。
拍手数だけが全てとは思ってないですけども。
コメントも、ありがとうございました!
頂く度テンションが上がるし、ひとつひとつにしっかり目を通しておりました。
暗い、インパクト薄い、ほぼエロ無し、そんな萌とは縁がない作品だったけど、ふたりを応援するコメント、共感のコメントや泣いたというコメントを見て、今回もほんとに書いて良かったと思いました。
カラダノキオクや常闇あたりから、王道ホミンホとかとは別のとこに居るよな私って思ってだけど、(割と初めから・・・・・・?)今はそれが自分のスタイルだと思えるようになりました。
皆様の反応があるからですよね。
ほんとにありがとうございます!







ここからは、創作の裏話になります。
結構どうでもいいので、興味のある方だけどうぞ。



~題名の由来~
何故"糸"でなく"イト"にしたか・・・
シムさんの、ユノと一瞬でも長く繋がろうとした"意図"の意味もかけてあるからです。
なので、"イト"には"糸"と"意図"ふたつの意味が込められています。



~話の元ネタ~
実は、あるバンドの曲を聴いてこのお話が浮かびました。

#愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ

⬇違う曲
#僕らは細い糸でつながっている よくある赤いやつじゃなく

#転がった背中 冷たいコンクリートの感じ 甘くて苦いべろの先 もう一度

#君と遊ぶ 誰も居ない市街地 目と目が合うたび笑う

からの、あー愛を買う寂しいユノとかいいなぁ
静まった夜の街で遊ぶふたりって切なあまい・・・
赤い糸じゃなく頼りない糸で繋がるって、燃えるような恋をするより素敵だなぁ 
って思ったんです。
3話は殆どこの曲から妄想したエピソードで、歌詞と重なる部分が多いです。
この曲主題歌くらいの勢いで、ウォークマンヘビロテしながら書いてました。
これ聴かなきゃ、作品自体浮かびませんでした。
ありがとうMさん!
昔から好きなバンドです。



~作成過程~
話書き初めたのは、シムさんが自殺を図る5話からでした。
そのあとにユノ視点の1話2話・・・・・・本編書き途中で、もうafter story書いてみたり・・・・・・という風に、順序バラバラで書き進めたのですが、新鮮で楽しかった。
まとめて書くとこんな楽しみ方が出来るんですね。



~キャラについて~
カッコ悪くて残念なユノを描きたかったの。
格好いいユノは皆書いてるから、違うことしてみたかった。
ときめきはほっとんど無いけど満足したわー( ̄ー ̄)
ふたりともキャラ自体ご本人と違っても、ユノの明るさやチャンミンの思慮深いところ等は、妄想する中で自ずと反映されて、なんていうか、やっぱり二人だから任せられる役だなって思います。
私のなかのふたりを幸せにしてくれて、ユノチャンミンありがとう。
読者の皆様も!



最後に、皆様にもうひとつ御礼。
沢山来ていただいて、ポチも頂いて、blog村のランキング2位まで上がらせて頂きました。
私の話万人受けしないから~
見ていただける方だけで~
いつもそんなこと言ってますが、やっぱり上位になると嬉しいものです。
流石にシムさんが自殺する話の時は、あー暫く消えたいと思いましたけど・・・(笑)
本当にありがとうございますm(__)m














そして、これ。





今回の話と関係ないけど・・・・・・
もうこれだけでいい。
私トンペンやろうって思いました。
いや前から思ってたけど。
ええ、単純ですとも。 

なんかね、再始動の時に比べるとさ
頼ることを覚えた兄。
遠慮を止めた(勿論良い意味で)弟。
って感じ。
ほんと、横に、一緒の位置に並んでるの感じる。
チャンミン格好良すぎ。ユノのほうが可愛い。なんで?(笑)
あたしの気のせいかな・・・・・・
でも初期より確実にミンホ感出てるよね、広まってるよね!

あたしはもう ヒョン~、~ですよう て言ってそうな可愛いチャンミン、ほんと想像できなくなりました・・・・・・(TーT)
~だろ?馬鹿だなぁ って笑ってユノを甘やかす格好いいチャンミンしか想像できなくりました。
なのに何でこんなにホミン小説書いてるんだろう(笑)
やっぱりふたりに役者やらせると、どっちも書けちゃうんだよね。
変なの~(^_^)
ユノがもうちょい太れば、見た目的に今よりホミン感出ると思うけどね。
何でも良いです。ふたりが一緒なら。



なんだろ?このまとめ。
うん・・・・・・
こんなんで申し訳ないのですが、拍手やコメント頂いた方々に返信という事にしたいと思います。

もっと余裕あればお一人ずつに返したいんだけど・・・・・・
いつか出来たらいいな!

今回はほんとにありがとうございましたm(__)m
またお会い出来る日まで・・・・・・



気に入って頂けたら、ポチお願いします。⬇


     

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/17 (Sun) 22:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/11 (Mon) 00:09 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/10 (Sun) 23:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment