ユンホ店長の恋 ~こたつの季節ですね~

  30, 2016 22:35
※やや性描写(ミンホ)を含みます。
 閲覧自己責任。












みかん剥きに夢中になる、目の前の恋人。
それをじっと観察する俺。
最早BGMへと化した、つけっぱなしのテレビ番組。
暖かく狭い空間の中、重なりあう脚と脚。
こうしてだらだら過ごすのも、ある意味贅沢な気がする。






















11月に突入し、もうだいぶ肌寒く寒くなった。
今年は残暑が殆ど無かったし、寒くなるのも早いように感じる。
俺は現在、恋人のユンホさんと同棲中である。
早速こたつを引っ張り出して、今夜も二人一緒に潜っているところだ。
ユンホさんは、恐らく無意識だろうが、唇を尖らせながらミカンの皮剥きに夢中になっている。
ユンホさんのファンである客の一人から、貰ったらしいそのミカン。
部屋の角のダンボールの中に、まだ沢山残っている。
本当は、あまり食って欲しくないんだけど・・・・・・
そんなに必死になるんだ?ただの皮剥きに。
可笑しさと同時に沸いてくるのは、悪戯心。
ミカンより、自分に注意を引きたくなる。
こたつの中、ユンホさんの股間を爪先でツン、と蹴ってみると

「ふぎゃっ!?」

まるで猫みたいな悲鳴をあげて、ユンホさんはビクついた。

「な、なに・・・・・・?」
「あーごめん。動かしたら当たっちゃった」
「もう、気を付けてよチャンミン」

俺の言葉をすんなり信じて、また皮剥きを始めるユンホさん。
今度は、爪先を丸めて股間をむぎゅっと揉んでみた。

「ひゃぁっ!」
「あーごめんごめん、また当たっちゃった」
「・・・・・・・・・・・・」

流石に気付いたらしい。
ユンホさんが、目を細めて俺を見つめる。

「もう、チャンミン?」
「んー?」
「邪魔しないで」
「だから、してるつもり無いって。どうぞ、皮剥き続けて?」
「ホントかよぉ」
「相当ミカンが食いたいみたいだから、どうぞ」

白けた顔の俺を見て、ピタリと、動きを止めたユンホさんが、思い当たったように呟く。

「・・・・・・もしかして、チャンミンもミカン食べたいの?」

がっくり。
何故そうなる。
的外れな発言に気が抜けて、俺は溜め息を漏らした。
何時になっても鈍いのは変わらないな。
もうそろそろ、俺が結構あんたを好きって自覚してもいいんじゃないの。

「なら半分こしようか」

綺麗に皮の剥けたミカンを、ユンホさんは二つに割って、片方を俺に差し出す。

「・・・・・・あん」

口を開けてねだると、ユンホさんはにっこり笑って、取り分けたミカンを俺の口元に運んだ。
指先も一緒に、わざと口に含んで舐め取る。
一時手がビクついたけど、構わず続けた。
ユンホさんは驚いた顔をして、顔を朱色に染めている。
手は捕らえたままで、リップ音を立てながら指先を解放した。

「俺が欲しいのは、こっちでした」
「チ、チャンミン・・・・・・」

表情は戸惑いの色を残しながらも、頬は緩んでいて、俺を呼ぶ声は少し掠れていた。

「嬉しい?」

ユンホさんは、はっきり「うん」とは言わなくても、照れ笑いで肯定を示した。
ミカンなんかより、目の前のあんたの方がずっと旨そうだよ俺は。
身体を接近させ、肩を掴んで力を入れると、ユンホさんは簡単にゴロンと横になった。
身体を弄りたいのに、テーブルの柱が邪魔だ。
こたつの中に一度潜り込み、ユンホさんの居るスペースに移動すると、再びすっぽりと顔を出した。
直ぐ目の前にお互いの顔があって、くすりと笑い合う。

「狭いね」
「うん」

布団で乱れた俺の前髪を、ユンホさんが優しく整えてくれる。
愛しさが込み上げて、弧を描く唇を少し強引に塞いだ。
こたつの中、手をさ迷わせてユンホさんの身体に触れる。
少し伸びた部屋着用のパーカーは、俺の手を簡単に受け入れた。
マシュマロみたいに柔い胸や腹を揉んで、膝で両足を割り、欲望を刺激する。

「はぁ・・・・・・」

ユンホさんが、眉を潜めながら熱の帯びた吐息を漏らす。
身体が見えないまま弄るってのも、なんか興奮する。
こたつって、こんな活用方法もあったんだな。

「あっついよ、チャンミン・・・・・・」
「ふっ。何が・・・・・・?」
「いろんな、トコ・・・・・・」

あー。口元緩むの止まんない。
確かに、熱いのはこたつの温度だけじゃない。
もっと熱くなるべく、俺はこたつの中で愛撫を再開した。
喘ぐユンホさんにキスを落としながら、視界の隅にミカンを捕らえて、俺は思う。

(勝った・・・・・・)

ミカンに対抗してる訳じゃ無くて、ミカンを寄越した客に対抗してる訳だが。
それにしても、こうも対抗心むき出しなんて、ダサいしカッコ悪い自覚はある。
でも仕方無いだろ?好きなんだから。









END



気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)
   ↓

     

人気ブログランキングへ


にほんブログ村



お久しぶりですm(__)m
お返事も打たずに更新・・・すみません。
今週中にはお返ししたいと思っております。

昨晩ばーっと一気打ちで、フライング気味ですがこたつネタ。
こたつエッチっていいなという、それだけです!
なんかもうただのリア充ですよね~
チャンミン、確実にユノ馬鹿度が増している・・・


スポンサーサイト

Comment 2

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?