シェアハウスの恋人 5 ~今日、会社休みます~

  16, 2016 22:10



※このお話は、『恋の方程式』『片耳ピアスの君』と繋がっています。
















シェアハウスの恋人・表紙(修)

















~AM8:00 会社の後輩スホが受け取った、電話の一部始終~






ある朝、少し早めに出勤して、時刻は8時過ぎ。
まだ誰も居ない社内に、電話のコール音が響いた。

「―――――もしもし」

受話器を取って、聞こえて来たのは

『あのー、そこに責任者の方居ます?』
「え・・・・・・?っと・・・・・・どなたでしょうか?」
『ああ、すいません。俺、シム・チャンミンの知り合いです』
「ああ~・・・・・・」

話し手が一体誰なのか、直ぐに思い当たる。
はっきりした物言いに、低くハスキーな聞き覚えのある声。そしてシム先輩の知り合いだというこの男性。
以前家に泊まらせて貰った時に、部屋をシェアしていたあのイケメンさんに違いない。

『チャンミン熱あるんで、今日会社休ませますから。上の人に伝えといて下さい』

分かりました、とすんなり了承しようとした。
俺は、何故この人がシム先輩の体調を把握しているのか、説明されなくても分かるから。
でも・・・・・・

『ちょ!ユノ、何電話してっ・・・・・・』
『いーから!お前は寝てろ』
『やだ。行くってば。変わって』
『駄目だっつの。あ、コラッ』

そんなやり取りのあと、再びシム先輩の声が聞こえて来た。

『もしもし?』
「あ、お・・・・・・おはようございます、スホです」
『ああスホ?ごめん、ユノが勝手なこと言って。今日、ちゃんと会社行くから』
「でも熱あるって・・・・・・」
『平気だから。動けるし』
「あの・・・・・・業務なら、俺が代わりに引き受けますよ」
『いや、悪いから』

すると今度は、またイケメンさんの声。

『ったくおめーは。無理して出勤した方が迷惑かかるだろー?』

そう聞こえた直後。

『うわっ!?』

シム先輩が途端に声を上げて

『ってことで、コイツは今日休ませるから。後は宜しく頼んだ、後輩』

イケメンさんはそう宣言した。
シム先輩の声は、もう聞こえて来ない。
「うわっ!?」て・・・・・・何とかして黙らせたんだろうな。
その光景を想像しようとして、止めた。


















~Later date 見舞いに訪れた、親友シウォンの心境~






『先輩・・・・・・そんなこんなで、シム先輩会社休むそうです』

後輩のスホから、チャンミンの体調不良の報告を受けたのが3日前。
休んだ当日からそのまま土日に突入し、メールをしたところ、体調は良くなったとのこと。
顔を出してやろうと、チャンミン(と、親友のユノ)の家を訪れた。
インターホンを押して、開いたドアから最初に顔を出したのは

「ういー。来たのかぁ」

いかにも怠そうな、部屋着姿の親友だった。

「なに・・・・・・お前、どうしたの?」
「いや、ちょっと風邪引いちまって」

「上がれよ」と俺を中に通すユノ。
額に貼った冷えピタシートが、力無くへにゃりと剥がれ落ちた。

「ユノ、寝てなきゃダメじゃん!」

そう言って、慌ただしく駆けて来たのはチャンミンだ。
はきはきした物言いや態度は何時も通りで、体調の悪さは感じさせない。

「シウォンさん、来てくれてありがとうございます」

俺の姿を見たチャンミンが、ユノの身体に手を添えながら礼を言う。

「ああ・・・・・・お前、もう大丈夫なのか?」
「ええ。僕は」

けろっとしてそう言うチャンミンの横で、ユノはずびびっと鼻を啜っている。
今度はユノがを風邪引いた訳だな・・・・・・
風邪、移すようなことしたのか?と、つい疑ってしまう。
おっと、ここは俺を変態扱いしないで欲しい。
これまで幾度と無く、ウンザリするようなイチャつきを俺に見せつけてきた二人に原因があるのだから。

「シウォンさん、適当に座ってて」
「わりー。ゆっくりしてけな」

俺にそう言い残して、二人は寝室へ向かう。
ぴったりくっついた背中を見つめながら、俺は会話を聞いていた。

「ちゃんと歩ける?」
「ふは。お前過保護な。自分ん時は無理ばっかするクセに」
「こんな時まで無駄口叩かない」
「へいへい」

最早長年寄り添った夫婦のような二人を見て、俺は呆れ半分と・・・・・・
幸せな気持もいくらか感じながら、小さく笑ったのだった。












~真相 “あの日、風邪が移るまで”~






ベッドに臥床した僕は、不満気にボソボソと呟いた。

「ほんっと強引なんだから」
「ごちゃごちゃ言わずにしっかり休めよ。会社は良いっつってんだから」

少し強引な口調で、でも、額を撫でるユノの手つきは優しい。

「昔っから変わんねーな。頑固なところ」
「・・・・・・・・・・・・」
「高校の時、お前道端で熱出して、座り込んでた事あったろ?俺は助けようとしてんのに、全然頼ってくんなくてさぁ・・・・・・」

ユノが、くすりと笑いながら昔の話をする。
忘れもしない。
高校二年だった当時―――
僕はあの日、初めてユノの身体に触れたんだ。
嫌っている筈なのに、ユノの体温は、優しくて温かくて、心地よかった。
今思い返すと、ユノへの想いを自覚する一歩だったような気がする。

「少しは頼ってくれよ。会社の奴には遠慮しても、俺の事はさ」

真直ぐな言葉、優しい声と微笑み。
昔からちっとも変わらない。
何時だって僕は、そんなユノが大好きだった。
ユノが喜ぶような可愛い態度なんて、相変わらず取れないけど。

「・・・・・・ありがと」

ユノのシャツをくいっと引っ張り、ぽつりと小さく呟く。

「嬉しかった・・・・・・。あの時も・・・・・・今も・・・・・・」

そう告げると、切れ長の瞳が少しだけ大きくなった。
ユノが笑みを深め、甘い声で囁く。

「あんま可愛いこと言うとなぁ・・・・・・」

顔を寄せられて、駄目、風邪引いてるのに。そう発する前に、唇を奪われてしまった。
胸に押し当てた手は、長い指に呆気なく絡め取られた。

「ダ、メ・・・・・・」
「もうちょっとだけ、な?」
「ン、んふ・・・・・・」

抵抗できないのは、熱で怠くて、理性も薄れているせいだ。
そんな言い訳を並べて、僕はキスを受け入れた。
ほんとは、後先を考えるよりもユノが欲しかった―――
目の前の欲求にのまれたんだ。









END



気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)
   ↓

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
     

人気ブログランキングへ



ドラマの題名真似しちゃいました。
あれ?常闇は・・・?
勿論書いてますが、時間と気力が要るなって実感しております。
なんで、ふと浮かんだシェアハウスのふたりを。
相変わらず、イチャツキを見せつけまくってます。
写真集の二人もね!!!

そして、いつも沢山の拍手とコメントありがとうございます♡
頑張ります!

あ、ばー打ってアップして見返したら、誤字凄くて修正しました(-_-;)

スポンサーサイト

Comment 6

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
陽  

No title

少し前にユノとチャンミンのお財布おソロの記事で初コメさせえ頂いた者です。

あれからコメントせずでしたが、毎日こちらに遊びに来ております・・・
私こちらの小説にどっぷりハマってしまって、
特に
■カラダノキオク
■片耳ピアスの君
■シェアハウスの恋人
■night callシリーズ
がツボ過ぎて毎日寝る前に読んではいい夢を見ております(笑)。
スマホのアイコンにこちらのショートカットまで作成いたしました!
すぐ読める!!笑

そしたらシェアハウスで新しいお話アップされてて、嬉しすぎて泣きそうになりました(´>ω⊂)

ほんとNBさんの小説読み出したら止まらないです!!
確実にこちらを知ってから毎日の睡眠時間が1時間は減りました(笑)。

これからも素敵なお話楽しみにしてます♡

Edit | Reply | 
ぴこ  

No title

お久しぶりです♪( ´▽`)
いつも素敵なお話をありがとうございます(=゚ω゚)ノ☆

恋ののふたりが私はお気に入りなんです。
このふたりがお互いを想いあってることが
嬉しいし社会人編でも上手くいってるのを読んで満たされてました(#^.^#)
今回のエピ、ニンマリしました。
つーかー、あうんの仲(^^)/過保護なチャミ
萌えます!やっぱりひとつ年上感、ユノの感じ出てて守ってる感、チャミのつもりはないけど、無意識に甘えてる感が素敵♪
チャミもだいぶ素直になって、ますます可愛い♡
また、続き読みたいです(`_´)ゞ


NBさん、イラストすごく上手ですね!
東方巻きのイラストがかわいい中にエロさが上回ってる気がしてラブラブ♡なふたりがお気に入りです。恋のの頰お手て添えもチャンミンの大きい揺れる瞳・表情がものすごく良くて好きです‼︎←今頃のタイミングずれててすみません^^;

NBさんのお話は【本棚の本】だなと感じてました。それぞれ確立していて世界観が拡がりがあって背景を感じさせたり、深く考えさせられたり、泣かされたりそしてえちもすごい\(//∇//)\
少し前にブログ変わりましたよね‼︎
画像がどれもいつも素敵でカッコいい♡です。NBさんのお話が好きです♪( ´▽`)

Edit | Reply | 

What's new?