嫁、買ってみました 2

  17, 2016 23:01


嫁と名乗る男、息子だという子供をリビングに待機させ、俺はベスト・パートナーへ問い合わせた。

『はい。ベスト・パートナー、問い合わせ窓口でございます』
「たった今、そちらの会社の嫁を受け取ったチョン・ユンホですが」
『この度はご利用ありがとうございます。どういったご用件で・・・・・・』
「一体どうなってるんですか?嫁を頼んだ筈なのに男が来るなんて」
『大変申し訳ございません。詳細をお調べしますので、もう一度お名前とご住所をお願い致します』

名前と住所を伝えると、暫く間が空いたあと、再びスタッフの声が聞こえてきた。

『お待たせ致しました。ただいまお調べしたところ・・・・・・どうやら出荷部の方で、お客さまのご希望された名前“チャンミ”と“チャンミン”を取り違えてしまったようです』

俺はポカンと口を開けた。

「え?原因ってそれ・・・・・・?」
『はい』
「いやいや・・・・・・普通、嫁なんだからどう考えても女だろ?間違えるとか有り得ないって」
『誠に、誠に申し訳ございません』

いくら文句を言ってもスタッフは謝罪を口にするばかりで、俺は怒る気も失せてしまった。
出来るだけ早めに新しい嫁を手配すること。
そして、それまでは今の嫁を無料でレンタルすることを条件に、話はひとまず落ち着いた。
男の嫁など要らないという俺に、スタッフは自信ありげに言った。

『チャンミンは男ですが、しっかりと教育された優等生です。家に置いて損は無いと思います』
「ああ・・・・・・そうっすか」

通話を終えた俺は、がっくりと肩を落としてため息をついた。

「だとしても・・・・・・男の嫁って有り得ねーだろぉ」



リビングに戻ると、息子役の子供が帰り支度をしていた。

「おいお前、何処行くんだ」
「僕の名前はドンジュ。お前じゃないよ、お父さん」
「お父さん?俺が?」
「そうだよ。親子の設定なんだから」

ドンジュはニッコリ笑うと立ち上がった。

「僕、そろそろ本当の家に帰らなきゃ」
「ああ、なるほど」
「またねお父さん」

ドンジュは会社の送迎バスで帰るらしい。
さっさと家を出て行ってしまった。
確かに、子供は遅くならないうちに本当の家族の元へ帰るべきだ。
しんと静まり帰った部屋に、俺と嫁男だけが残された。
沈黙が落ちて気まずい。
取りあえず、買い置きしていたコーヒーを渡した。

「・・・・・・飲めば?」
「ありがとうございます」

ソファに腰を下ろし、コーヒをぐびぐびと飲み干す。
嫁男が、コーヒーを握り締めながら遠慮がちに言った。

「あ、あの・・・・・・旦那様」
「ぶっふぉっ!!!」

俺は口からコーヒーを噴射した。
ゲホゲホと咳き込んでいると、嫁男が俺の側にやって来てハンカチを差し出した。

「だ、大丈夫ですか?旦那様」
「だああっ!その言い方止めろっ」

男にそんな風に呼ばせるなんて、まるで俺が変人みたいじゃないか。
静かそうな外見の嫁男は、直ぐに言うことを聞くだろうと思ったが・・・・・・

「そ、それは出来ません。設定に重きを置くのは仕事の基本ですから。旦那様と呼ばせて頂きます」

キョドりながらも、真面目な顔をしてそう言い切った。
畜生、以外と面倒な奴だった・・・・・・



日が暮れると、嫁男はフリルエプロンを身に付け食事の準備に取り掛かった。
慣れた手つきで野菜を切り、鍋へ放り込んで味付けをする。
なんともシュールな光景だ。

「おまえ恥ずかしくないの?そのエプロン」

俺の問いかけに、嫁男はぼそぼそと答えた。

「嫁はこれを身に付ける決まりですから。だけどもし、旦那様の目の毒ならば止めます」
「別にそういう訳じゃ・・・・・・」
「そうですか・・・・・・」



出来上がった料理を口に運んで驚いた。

「普通に旨い」

嫁男は首を傾げて不思議そうに言った。

「それは・・・・・・味が普通ということ?それとも、美味しいということ?」
「あー・・・・・・えっと、美味しいよ凄く。お前料理上手いのな」

嫁男は、頬をほんのりと染めて照れ笑いを浮かべた。

「あ、ありがとうございます」

あれ?普通に可愛い。
普通ってか、結構可愛い。

「名前、何てったっけ」
「チャンミン・・・・・・シム・チャンミンです、旦那様」

そう言って笑った顔は、やっぱり可愛かった。









◇◇◇



フリルエプロンを身に纏い旦那様と呼ぶチャンミン。NBの夢。



ランキング参加中です♪
気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)



にほんブログ村

     

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment 2

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?