ユンホ店長の受難 1

  03, 2015 08:05


※始めから性描写があります。
 100%ミンホです。ご注意ください。










「あ・・・・・・もうそろそろイクかも」

チャンミンが、気持ちよさげに眉をひそめた。

「ちょ・・・・・・まって!」

震える手でチャンミンの腕を掴むと、腰の動きがぴたりと止んだ。

「何?」
「外に出すだろ?ゴムしてないし・・・・・・」
「えー。どうしよっかなぁ」

チャンミンはそう言いながら、再び腰を揺らし始めた。
的確にポイントをつくその動きに、段々と限界へ押上げられる。
気持ちいいような苦しいような、独特の感覚に支配されて何も考えられなくなる。

「中はやめて・・・・・・お願いだから・・・・・・」
「知ってる?そういう言い方逆効果だって」

頷かないチャンミンに不安を覚えながらも、俺は与えられる快感に逆らえず声を上げた。
中を突く動きは、どんどん激しくなってゆく。
チャンミンは俺を見下ろしながら、楽しそうに笑って言った。

「そんなに締め付けたら、抜いてあげらんないよ?」
「あぁあっ・・・・・・駄目っ、イクッ!」

最後のひと突きが決定打となり、俺は呆気なくイってしまった。
苦しいほどの快感に悶えながら、中でチャンミンが震えるのを感じた。
生暖かいものが奥でとぴゅっと放たれ、やがてじんわりと広がった。

「あー・・・・・・すっげ、気持ちいい」
「うそ・・・・・・。出た?」
「あーあ。ユンホさんがいっぱい締め付けるから」

ショックで、思わず泣きそうになってしまった。

「んな顔しないでよ。ちゃんと洗えば大丈夫だって」

洗えば済むとか、そういう問題じゃない・・・・・・
俺はやっぱり、泣いてしまった。



シャワーを浴びてからも、俺は立ち直ることが出来ずに落ち込んでいた。
そんな俺を見て、チャンミンが溜息をついた。

「ごめんって。もうしないから」

黙っていると、チャンミンが続けた。

「あのさ・・・・・・何がそんなに嫌なの?」
「え?」
「女ならまぁ分かるよ。妊娠のリスクがあるから。でも俺ら男同士でしょ」

何が不安かって、病気になることだ。
それでもしどちらかが死んでしまったら悲し過ぎる。
性行為を知識として知ったばかりの頃、俺はあるドラマを見た。
身体の関係を持った男女のうち、主人公の女性が性病に感染する話だった。
最後には命を落とした主人公を見て、号泣したのを覚えている。
それ以来俺は、ゴムをしない行為がトラウマになってしまったのだ。
俺はチャンミンにそれを話した。
全て話し終えた時には、チャンミンは口に手を当てて笑っていた。

「酷い。真面目に話したのに」
「ごめんごめん。可愛いなーと思ってさ」
「もう知らね」

背を向けた俺を、チャンミンは後から抱き込んだ。

「拗ねないで?笑って悪かった。反省してる」

甘い声でそう囁かれて、つい許してしまいたくなる。
後ろを振り返ると、チャンミンは優しい笑みを浮かべていた。

「確かに俺、慎重さが足りてなかった。もし俺が病気持ちでユンホさんに移しちゃったら、悲しいもんな」
「チャンミン・・・・・・」
「ねぇ。そんなに不安なら、一緒に病院行こうか」
「え?」
「泌尿器科行って見てもらえば、一発で分かるよ」

確かに、不安を消し去るにはそれが一番いい。
頷いた俺を見て、チャンミンはにっこりと笑った。



週末、俺はチャンミンと泌尿器科に行った。
勿論、受診自体はそれぞれ別に行ったが。
結果、俺もチャンミンも病気は見つからなかった。



互いに病気が無くても、俺は依然とゴム無しの行為に拒否的だった。
チャンミンはそれを受け入れ、次にする時にはゴムを付けてくれたのだが・・・・・・
行為を終えた後、俺から抜け出したチャンミンは何も纏っていなかった。
挿入前、ゴムを装着したはずなのに。

「あれ?着いてない・・・・・・」
「ほんとだ」

チャンミンは指を二本、俺の中に潜り込ませた。

「あっ」

油断したら、またスイッチが入ってしまいそうだ。
俺は身体を震わせながら、指の動きに必死で耐えた。
チャンミンの指は、俺の中をうねうねと動きまわった後、ある一点でぴたりと止まった。

「・・・・・・見っけた」

俺から出て来たチャンミンの指には、しわしわに萎まった精液まみれのゴムが挟まっていた。

「知らないうちに取れたみたい」
「それじゃあ、意味ないじゃん・・・・・・」
「ほんとだね」

その後も、何度か似たような現象が起こった。
どうしてか、ゴムはいつも俺の中で迷子になってしまうのだった。
ゴムの表面が破けてしまい、切れはしが俺のケツに挟まっていることもあった。
まさかチャンミンは、アソコの細部まで操作できるんじゃないだろうか。
本気でそんなことを考えた。

「俺って我慢汁多いから、滑り易いのかも。それかユンホさんのお尻の締まりが良すぎるんじゃない」

チャンミンはそう言って笑っていた。
しかしこの先安心して行為に臨むためにも、俺は原因の追及を諦めなかった。
抜けたり破けたりなんて、サイズの問題しか考えられない。
俺は勃起状態のチャンミンを採寸し、コンドーム専門の通販サイトで丁度良さそうなサイズを購入した。
Lサイズを使用した結果、無事ゴムを装着したまま行為を終えることが出来たのだった。

「やったね。ちゃんと着いてた」
「ホ、ホントだ・・・・・・」

感動のあまり、ゴムを纏ったそれをまじまじと見つめていると、チャンミンが言った。

「そんなに見られると、興奮しちゃうな」
「え?」
「舐めて」

チャンミンはあっという間にゴムを抜き取ると、俺の口元に自身を宛がった。
口の中に、やや強引にそれが押し込まれる。
俺は歯を立てない様に、唇で摩擦を加えながら一生懸命愛撫した。
チャンミンが腰を揺らしながら、俺の口内に自身を抜き差しする。

「すごい。ユンホさん上手」
「んっ、ふっ」

理性が薄れていく中、俺はあることを考えた。
チャンミンは今まで、サイズを間違えていたんじゃないだろうか・・・・・・?
もしそうだとしても、サイズを選び間違うなんてチャンミンに限って無さそうだが。
まさか、敢えてそうしたとか?
でも、聞かない方がいい気がする。
今はちゃんとゴムを付けて最後までシてくれてるし、もういいじゃないか。
ぼんやりと浮かんだ疑念を、俺は頭の隅へ追いやった。









◇◇◇



取り敢えず、最初に謝りますね。
チャンミンファンの方、すみません(お前もじゃないのか)。
ということで、チャンミンは ヤンデレ×ドS×ネジぶっ飛んでる 感じです。
泌尿器科が出てくるBL小説ってどうなんだ。
ロマンチックな感じなんて微塵もありませんが、ちゃんとユノを好きなんですよ。
こんなんでも見てやるよ!という方、これからも見守って下さい。
今考えてるものだけでも、あと四話ほどあるので……(汗)
多分、シュールでエロい感じが続くと思います。

そしてお気付きかもしれませんが、店長シリーズと交互に別のお話を入れてUPしていきます。
何が来るかはお楽しみに~♪
楽しみにするほどのもんでも無いか。笑

皆様、新羅FBのサジン見ましたか?
BL営業こら~っ
皆二人をそんなにゲイにしたいのか。
まぁ勿論興奮するんですけどね。
二人の絆を安売りしちゃってるような、そんな気がするのです。
まぁ勿論興奮するんですけどね!
こんなサイトやっといて、何言ってんの?
皆様のお声が聞こえます。
言い訳させて頂きますと、リアルな二人がにゃんにゃんしてるとこは上手く想像出来ません。
ストイックな二人に一番萌えるのです。
だからあまりリアル設定な話がかけないのです。
面倒な奴ですみません。
黙りまーす。















気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)
   ↓

     

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

Comment 6

NB  

Re: タイトルなし

ちゃー○んさま


こんにちは。
いつもありがとうございます~♡
サイズ採寸とか泌尿器科とか、シュールなのをぶっ混みすぎたなと思いましたが、大丈夫そうでよかった!
あ、そうです。正にそのドラマですよ~

我が儘というか、自分の気持ちが先走ったなーと反省です。
これからも、こんな風にやり取りさせて下さいね♡
近くに居るかも、と思えるだけで嬉しいです♪
またお待ちしています(^.^)

Edit | Reply | 
NB  

Re: タイトルなし

ま○かさま


こんにちは!
いつもありがとうございます。
店長シリーズ、優しく受け入れて頂けて嬉しいです♡
私、ミンホとなると100%変態に走る傾向があるようです。
チャンミンのような頭が良さげな人って、変態やらせると何故かしっくりくるんですよね。笑
チャミペンさまを前にしてすみません。
しかしこれからも、店長シリーズはこんな具合に進みそうです・・・・・・(笑)
宜しければお付き合いください。

宮城も寒くなってきましたね~
体調に気を付けて更新頑張ります。
ま○かさまも、風邪など引かぬよう気を付けて下さいね!
またお待ちしています♪

Edit | Reply | 
NB  

Re: NB様

ま○ちゃんさま


こんにちは。
いつもありがとうございます♪

ぶっ飛んでるチャンミン、好きですか?
よかった~!
私だけかと思っていましたから(笑)
チャンミンはぶっ飛んでるし、ユンホ店長も鈍いうえにおバカっぽいので、今後もギャグっぽい感じで進むと思いますが・・・・・・
最後までお付き合い頂けると嬉しいです。
またお待ちしています♡

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?