カラダノキオク ~子供と学ぶ教育のススメ~

  28, 2015 08:25


ある日、ドフンが衝撃的なセリフを口にした。





それは、夕飯の支度をしている時のことだった。
ドフンが、俺のエプロンを引っ張りながら言った。

「ねぇ、ミン」
「なに」
「ちんちんって美味しいの?」
「は・・・・・・?」

始め、ドフンが何故そんなことを聞いてきたのか分からなかった。
知識がない故、おかしな勘違いをしたのだろうと思った。

「チンコなんて食えるわけないだろ。誰がそんなこと言ったんだよ」

俺はその発言を深く考えずに、呑気に笑っていた。
ドフンが次に口を開くまで。

「だってミン、パパのちんちん食べてたでしょ」
「え・・・・・・・・・」
「ぼく、食べてるとこ見たもん」

俺は途端に青ざめた。
身に覚えが有り過ぎる・・・・・・
フリーズ寸前の頭で必死に考えた。
一体いつ見られた?
セックスをする時は、ドフンが眠ったのをちゃんと確認している。
思い当たるのは、朝のフェラくらいしかない。

「ねぇ、ミンってば」
「えっ?」
「美味しいの?」
「そ、それは・・・・・・」
「僕も、パパのちんちん食べていい?」
「だ、駄目だ」
「どうして?」

俺が即否定すると、ドフンは不満げに頬を膨らませた。
そんなおかしなプレイをさせる訳にはいかない。
いや、そうじゃない!
まずは、ドフンにエロい知識を植え付けるような、軽率な行動を取ってしまったことを恥じるべきだ。
俺は不注意だった自分を心の中で叱咤した。
ドフンの前に屈んで肩を掴みながら、俺は言った。

「いいか?ちんちんのことは、もう忘れろ」
「なんで?」
「今は知らなくていいからだ」
「えー・・・・・・」
「美味いかどうかは・・・・・・大人になったら分かる」
「本当?」
「ああ」

何を言ってんだ、俺は。
ドフンには、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
そして後から気づいたのだが、男と付き合わない限り、ドフンがその味を知る日はきっと来ない。
まぁ、大事なのはそんなことじゃないが・・・・・・






その日の夜、ドフンを寝かしつけた頃にユノが帰宅した。
ユノに夜食を出しながら、俺は話をするタイミングを伺っていた。
疲れているうえ食事中に悪いが、あの件について報告しなければならない。

「あのさ・・・・・・」
「ん?」
「ドフンに、チンコは美味いのかって聞かれたんだけど・・・・・・」
「はぁ?」

ユノは始めはポカンと口を開けていたが、何のことか直ぐに思い当たったらしく神妙な顔をした。

「まさかあいつ・・・・・・見てたのか?俺とお前の・・・・・・」

俺が頷くと、ユノは溜息をついた。

「前、風呂に入れてやってる時に聞かれたんだよ。俺のチンコは減らないのかって」
「そうなの?」
「おかしいと思ってたら、そういうことか」

ドフンは、確実にフェラに興味を持ち始めている。
その意味を詳しく知らないにしろ、これは一大事だ。
俺達には、ドフンをちゃんとした大人に育てるという役割りがある。
それを投げ出す訳にはいかない。
俺はユノをじっと見つめて言った。

「朝のあれは、もう止めた方がいい」
「まぁ・・・・・・そうだよな」
「今度起こしに行って襲ったら、蹴り食らわしてでも逃げるかんな。ドフンのためだ」
「わかったよ」

やはりそこは一児の父親。
ユノは潔く頷き、反論することは無かった。






翌朝。
ユノの家へ向かうと、洗面所から声が聞こえてきた。

「こら。ちゃんと顔拭かねーと床が濡れるだろ」

家へ上がり洗面所を覗き込むと、ユノがドフンの顔を拭いている最中だった。
驚いてその光景を見ていると、俺に気付いたユノが言った。

「よう。来たな」
「すごい・・・・・・。ユノがもう起きてる」

ドフンは嬉しそうに、にこにこと笑って言った。

「パパ、今日は早起きなんだよ」
「ほんとだな」

やれば出来んじゃん。
俺は少し、ユノを見直した。



翌日もその次の日も、ユノは寝坊せず、俺が家に着く頃にはちゃんと起きていた。
あんなにも寝起きが悪かったのに、こうも激的に変われるものだろうか。
一度くらい寝坊しても、おかしく無さそうだが・・・・・・
寝坊が皆無になったユノに、俺は段々と不自然さを感じ始めた。



学校へ行くドフンを送り出した後、まだ朝食を食べているユノに俺は聞いた。

「ねぇ」
「何だ」
「今まで・・・・・・寝ぼけたフリしてた訳じゃない・・・・・・よね?」

ユノは俺と目が合った途端、ぴたりと動きを止めた。

「ちょ・・・・・・何とか言ってよ」

ユノは何も言わずに立ち上がると、食器を雑に重ねてシンクへ片付けた。

「さて、行ってくっかな」
「あ、こらっ!」

ユノはそそくさと家を出て行ってしまった。
やっぱり演技だったのか・・・・・・

「これじゃあ、誰を教育したのか分かんないじゃんか」

俺は溜息をついた。
時々子供のようなユノも、愛おしいのは事実。
俺の前ではそれでもいいと思う。
だけどユノは一人の父親で、俺もまぁ、それに似たようなもんだから・・・・・・
やっぱりドフンの前では、少しでもまともな大人で居たいと思う。

ユノはきっと、俺に起こされたいが為に演技していた。
そう思と、少しだけ嬉しくなってしまう。
ユノに限らずそんな俺もまだまだ、養育者として修行が足りないようだ。









END



◇◇◇



あにょん♪
あなたを注文の画像出回ってますね~。
ごきげんようみたいなクールな外見で来るかと思ったら、以外にも可愛らしい坊ちゃんヘアー?
取り敢えず楽しみです。
チャンミンの画像も見ました!
きりっとしたお顔が素敵な画像でした。
最近チャンミンデレ期に入ってしまったようです。

ライブビュは地元仙台のMOVIXに応募しました。
ふはは。当たる気がしないわ~

今回のお話、ち○ち○、チ○コってキーワードが頻出ですみません・・・・・・(笑)
ユンホ父ちゃん、寝ぼけたフリをしていただけでした。
全くいけない大人ですね。
直って良かったね!
カラダノキオク、本編と打って変わってこんなアホな内容しか思い浮かばない。
ROCK YOU然り、私の小説ってシリアス→変態へ移行する良からぬ傾向があるようです。
本当は、ドフンが成長して葛藤する話とかも書きたいんだけど・・・・・・
結構複雑な内容になりそうで書く勇気が無い。
お話にするかどうか検討中です。

次回の更新は ユンホ店長の受難 です。
受難じゃないよって、複数の方にツッコミを頂きました(笑)
彼は幸せです。ありがとうございます(笑)



気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)
   ↓

     

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

Comment 12

NB  

Re: 昨日コメントしてなかった(^^;;

ちゃー〇んさま


こんにちは♪
いつもありがとうございます。
あはは、確かに色々知ってからのほうが辛いでしょうね。
よく言えば、無知のうちに目撃してまだ幸せだったのかもなぁ。
カラダ~シリーズはおバカなお話続いたので、昨晩久にシリアスなお話を書いてしまいました。

いやーん、ちゃー〇んさま宮城にお住まいでらっしゃいましたか!
感激です。
地元トークになってしまいますが、実家は仙台より上のほうにあります。
利府はTREEコンで行ったなぁ。
本当に、お互いライブビュ当たればいいですね!

こちらこそ、いつも変態を提供してすみませんがこれからもどうぞよろしくです。
せっかくなので、機会があればいつかお会いしたいなぁ……なんて考えてしまいました。
馴れ馴れしくてすみませんσ(^_^;)

Edit | Reply | 
NB  

Re: タイトルなし

ま〇かさま


はじめまして!
カラダ~シリーズを気に入っていただき、コメントもどうもありがとうございます。
おや、仙台にお住みでしたか!
嬉しい~♪
コメント大歓迎です。
いつでもお待ちしてますよ~!

これからも頑張ってお話書きます!

Edit | Reply | 
NB  

Re: タイトルなし

さえ〇んさま


こんにちは♪
いつもありがとうございます。

いやーん、ユノの味教えて~って(笑)
私も私も~!あ、すいませっ……つい!

大人になって果たして味を知る日は来るのか……
それは想像にお任せいたします(笑)

朝のご奉仕が減った分、父ちゃんは夜沢山暴走していることでしょう(^_^ )☆

Edit | Reply | 
NB  

Re: タイトルなし

ゆ〇んさま


こんにちは!
いつもありがとうございます。

今回はお下品な単語連発だったので、可愛いと言って頂けて一安心です。
確かに、このお話じゃユノがそれ言ったらあかーんとなりますね(笑)
ちゃっかり演技して、奉仕してもらってた父ちゃん。
何も知らないドフン……
ほんと、チャンミン頼む!って感じです。

今後のお話を数日妄想してみたのですが、自分の中で太鼓判がつけずに却下です……
お意見頂き、どうもありがとうございます。
私も、今の三人が一番書きやすいです。

変態を褒めて頂けるなんて、嬉しいです!
NBの妄想機能、他の方が面白いかどうかは分からないのですが、日々進化を遂げております♪

Edit | Reply | 
NB  

Re: こんにちは。

7〇さま


はじめまして!
お話いつも見て頂き、今回はコメントもありがとうございます。
同じ東北のお方なのですね~!嬉しいです!
そちらへは、よく旅行にいきますよ。
温泉も良いし、おそばも美味しいですよね♪

お互い、ライブビュ当たれば良いですね!

これからも頑張ります。
よろしかったら、また話しかけてください♪

Edit | Reply | 
NB  

Re: いつも拝見しています

さ〇さま


はじめまして。
いつも来て頂いて、コメントもどうもありがとうございます!
おなじ仙台の方でいらっしゃいますか?
嬉しいなぁ。
住んでるところが同じで、好きなものも趣向も似てらっしゃると(勝手に一緒にしてすみません)
親近感沸いてしまいます~(^O^)

体調も心配していただき、どうもありがとうございます。
これからもがんばります。
また話しかけてくださいね♪

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
さち  

いつも拝見しています

初めまして。
以前からお邪魔して読んでいました。
内容が好きで、毎日覗きにきています(笑)

びっくりしたのが、
同じ仙台の方なんだ!
と。思わず、コメントしちゃいました。
勝手に親近感湧いちゃってすみません。(^_^;)

これからも、無理のない程度に、創作活動頑張って下さいね!

Edit | Reply | 

What's new?