ユンホ店長の恋



※このお話は100%ミンホです。









平穏に見えるのどかな日常。
その水面下で、今日も争いが繰り広げられている。









ある女子高生は、手作りの菓子を持参する。

「苺のパウンドケーキ作ってみたの。食べて?」
「ありがとう。貰うね」

よくネタが切れないな。
つくづく思う。


ある婆さんは、クオリティの高い編み物を持参する。

「セーター編んだから、着ておくれ」
「うわぁ!おばあちゃん、ありがとう」

店長の身体のサイズを把握してるのが、むしろ恐い。


ある土木のチャラ男は、決まって店長の頭を撫でる。

「よ、ユンホちゃん。今日も可愛いな」
「可愛いじゃなくて格好良いだから!何回言ったら分かるの」

あんたが少し嬉しそうにするから、チャラ男も調子に乗るんだろ。


今挙げたのは、店にやってくる客のほんの一部だ。
見た目は極普通のこのコンビニ。
しかし来客はほぼ、店長チョン・ユンホの熱狂的なファンである。

「今日も平和だなぁ」

呑気にそう呟く店長を横目に、俺は溜息をついた。
そう思ってんのはアンタだけだよ・・・・・・
殆どの客の中に、店長を独占したいという欲が宿っている。
しかし鈍感な店長には、それが分からないらしい。
俺も、敢えてそれを教えるようなことはしない。
客の気持ちに気付いたところで、店長は応えようが無いからだ。
俺は知っている。
店長が、宅配のイケメンに恋をしていることを。






ダストボックスの中身を回収していると、駐車場にでっかいトラックが入って来た。
枠の中にトラックが綺麗に収まると、ドアが開いて運転手が姿を現した。

「ちっす」
「どうも」
「荷物、裏に運んどきますね」

宅配員は、ダンボールを抱えながら店の裏側へ姿を消した。
奴の名前は、シム・チャンミン。
店長が想いを寄せる、二十七歳のイケメンだ。
整った目鼻立ちの甘いマスクに、身長は180センチ超えときた。
愛想は無駄に振り向かないタイプというか、クールな印象を与える。
奴とは挨拶を交わす程度なので、性格はよく分からない。
店の中に目をやると、イケメンと店長が談笑しているのが見えた。
店長は瞳が見えなくなるくらい、目を細めて笑っている。
やめとけよ、そんな奴。
絶対ノンケだし、店長には靡かない。
望み無いって・・・・・・
実はここにも、店長を独占したい奴が一人。
そう、俺だ。






イケメンが帰った後、店長は暗い顔をして溜息をついた。

「どうしたんです」
「チャンミン、担当する地域変わるんだってさ」
「へぇ・・・・・・」
「会えなくなっちゃうな」

俺が一番辛いのは、明るい店長から笑顔が消えることだ。

「気持ち、伝えてみればどうですか」
「え・・・・・・?」
「好きなんでしょ」
「お前、気付いてたのか」
「分かり易いんですもん。店長」

店長は顔を赤らめると、恥ずかしそうにそっかぁと呟いた。

「駄目かもしんないけど・・・・・・やらないで後悔するより、やって後悔した方がいいよな」

そう言うと、店長は拳を握って小さく笑った。

「俺、頑張ってみる」
「そうですか」

俺は店長を想っていながら、背中を押してしまった。
この恋が叶わないことなんて、分かりきっている。
イケメンが初めて店にやってきたあの日――・・・
店長はまるで時が止まったかのように、奴のことをじっと見つめていた。
その時からもう、分かってた。









後日。
出勤時、店長とロッカーではち合わせた時のことだ。
店長は、はにかみながら俺に言った。

「俺、チャンミンと付き合うことになった」
「え・・・・・・」

正直、そんな展開になるとは予想していなかった。
かなりショックを受けたが、店長の幸せそうな顔を見て、喜ばなければいけないと思った。

「おめでとうございます」
「うん。ありがとな、ドンヘ」
「どういたしまして」

俺は、店長に礼を言われるこのポジションでいい。
店長が笑っていられることが、俺の一番の幸せだ。
そう自分に言い聞かせた。
まさか・・・・・・
これが悪夢の始まりだなんて、思いもせずに。









◇◇◇



前回の記事、blog村でカテゴリーの注目記事一位になっててガクブルです・・・・・・
私よりランキング上の方沢山居るのに、一体何の違いなんでしょう?
ランキングに参加してる癖に、システムが全く分からないNB(^_^;)

物語の語りはスジュのドンへです。
ドンへとユンホさんの組合わせ大好きです。
悪夢の始まりとは?
注意書きですが、このお話ロマン要素は全くなく、殆ど変態で構成される予定です。
お察しの通り、宅配の彼は癖者です。
そしてユンホさんは、珍しく超受けっぽい設定になります。
ぽく~なのぅ♪的な、物に話しかけちゃうようなあの感じです。
本物の彼から男らしさをとっぱらった感じ。
ミンホ大好き!
我こそは変態会員です!
という条件に当てはまる方、よろしければお付き合いください(*´ω`*)
連載というより、単発で読めるものをぽつぽつUPしていきたいと思ってます。

それから、コメ返滞っていてすみません(;_;)
今日中に返せればと思います。

CanCan、皆様はもうご覧になりましたか?
私読み込む用、保存用に二冊買いました。
二人とも可愛すぎて、もう独り言いながら、ニヤニヤしながら読ませて頂きました。
簡単に感想。

☆「チーズクリームパスタ、まだ食べてない」発言。まだって・・・・・・ユンホさん、チャンミンの料理いつも制覇してるのね。
☆いつかは結婚もするって・・・・・・する気あったんだ!と感心。頑張れ、有言実行。
☆チャンミンの「とにかくユンホは可愛い子が好き」発言。可愛いとは面食いということなのか。それとも美人系よりも可愛い系が好きなのか。いや、中身の話?凄く気になる。まあ一番は女性にちゃんと興味があるようでなにより(黙)
☆チャンミンのファンに向けた発言。「自分を可愛く大切に」って言葉。辛い気持ちや女心を分かってるなーとキュンとしてしまった・・・・・・♡やっぱり、女としてときめくのは断然チャンミン。ユノはステージの上の格好良さは誰にも負けないと思います。でも全体像を見ると、変態妄想含め癒しを求める対象なんですよね。
☆二人とも顔を見合わせる度に爆笑って・・・・・・照れてるのかしら?萌える~~。

書ききれない。
結論は、全て最高でした。以上!
ライブビュも写真集も決まりましたねー!
嬉しいけど金か飛ぶわ~(^.^)



気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)
   ↓

     

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

6 Comments

NB  

Re: タイトルなし

Pe〇〇tsさま


こんにちは!
いつもありがとうございます。
そしてコメントもありがとうございます。
はい。正にあまり店長が勤まらず、周りに助けられるユンホさんを想像して書いています(^_^)
シムさんのキャラは時差が出てしまいましたが、次回から明らかになります。

最近、ホミンもミンホも受け入れられるよ!という読者さまが増えていてとてもうれしいです。
うふふ、Pe〇〇tsさまもそのお一人なのですね♪
一緒に変態を極めましょ~う♪(やめんかい)

CanCan、ネットでは売り切れ続出のようですね。
私もネット検索したらポチできなくて、急いで地元の本屋行ったら沢山あったので、つい2冊買ってしまったんです。
わかります。
トンペンになってから、何か新しいものが出ると迷わずポチするようになってしまって……
DVDとブルーレイのダブル買いとか、以前なら絶対考えられなかったのに、今は普通な自分が怖いです。

なんですと?私の印象クールビューティーですか!
嬉しいですけど……残念ながら全くかけ離れています(;´▽`A``
妄想ばかりしてる、寸胴なだめおんなです。
顔が韓国人っぽいとは二回ほど言われたことがありますが……笑
そんなこんなで、どんどん親近感持って頂けたら嬉しいです♪
また話しかけてくださいね!

2015/05/30 (Sat) 09:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/26 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   

NB  

Re: タイトルなし

ちゃー○んさま


いらっしゃいませ♡
ふはは、五月の爽やかな朝にすみません。(笑)
爽やかブルー×ホワイトカラーの筋肉ちょい見せ。
チャンミン、絶対似合いますよね~。
あんなイケメンが宅配してさたら激萌えてまうわーい!
注目されると嬉しいけど同時にビクッとします。(笑)
うんうん、ちゃー ○んさまは変態が注目される前から元祖会員さまですものね♡
ウォーミングアップ、よろしくです♪

CanCan、可愛いですよね。
可愛いで固めてるあたり、若いなぁと思ってしまいましたが……
可愛いだらけの二人も素敵でした(*^^*)
コメント大歓迎です!
いつでもお待ちしてます♡

2015/05/25 (Mon) 00:22 | EDIT | REPLY |   

NB  

Re: タイトルなし

て○るさま


初めまして♪
お話にワクワクして頂けて嬉しいです(^.^)
期待に添えるように、頑張ってお話書きたいと思います。
ひたすらアダルティーな内容かと思いますが……(笑)

2015/05/25 (Mon) 00:11 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/24 (Sun) 09:43 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/24 (Sun) 09:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment