ROCK YOU ~ Strawberry on the shortcake~ 1



※このお話は100%ミンホです。
 ホミンオンリーの方、ミンホを受け入れられない方は回れ右をお願いします。









「かんぱーい!」

ミナの掛け声に俺とユノさん、キュヒョンのグラスが集まり、カランと綺麗な音が部屋に響いた。
今日はクリスマス・イブ。
テーブルにはミナと俺の手料理、ビールやシャンパンが並んでいる。
ユノさんとキュヒョンは料理があまり得意ではない。
キュヒョンは一般男性と大体同じレベルだと思うが、ユノさんはとにかく酷い。
包丁を握らせるのも怖いくらいだ。
俺がやるしかない。そう思って自炊をやり始めたら、それなりに料理が出来るようになった。
自分で言うのも何だが、料理の腕は女に劣らない自信がある。

「この肉、めっちゃうまい!」

ユノさんが、俺が作った料理を口いっぱいに詰めこみながら言った。

「ユノさん、それミートローフって言うんだよ」
「ミートロープか。うん、うまい」

なんか間違えてるけど、まぁいいか……
頑張って作った料理を、好きな人が旨そうに食べてくれる。
それだけで幸せだ。

「お兄ちゃん、あたしのラザニアも食べて!あーん」

ミナが自分の料理をフォークに取り、ユノさんの口元へ持っていく。

「あーん」

口をぱっくりと開けて料理を取り込むその姿は、まるで子供のようだ。

「美味しい?」
「超美味しい!」

ユノさんとミナがいちゃつくのはいつものことだ。
俺もキュヒョンも二人のやりとりには大分慣れた。
二杯目を注ごうと酒に手を伸ばした俺は、テーブルに並ぶ飲み物を見てあることに気付いた。

「酒しか無い。ジュースは?」

ユノさんは酒が得意ではない。
皆でこうして飲む時は、いつもユノさん用にソフトドリンクを用意するのが決まりだった。
すると、酒を買い込んできたキュヒョンが言った。

「今日はいらないらしい。酒だけでいいんだって。でもちゃんと買ってきたよ。冷蔵庫に入ってる」
「かなり弱いのに大丈夫か……?」
「なんだよ。二人だけで話してないで俺も混ぜろ」

ユノさんが俺に寄りかかってきた。
顔は赤く染まり呂律もうまく回っていない。
案の定、シャンパン一杯だけで酔ってしまったらしい。

「ユノさん大丈夫?」
「何がだよー。へーきへーき」

ミナがくすくすと笑いながら言った。

「お兄ちゃんはしゃいでるのよ。こんな風に集まってイブを過ごすの初めてだから。好きにさせてあげて」

ユノさんとミナは幼い頃に両親を亡くしている。
初めて賑やかなイブを過ごせて嬉しいのか……
ユノさんの気持ちを考えると、止める気にはなれなかった。
介抱なら、俺がいくらでもしてあげようと思った。






「もうそろそろ帰るか」

22時を回った頃キュヒョンが言った。
ミナは頷くと帰る準備を始めた。
これからの流れが読めてしまった俺は、何も言わずに二人を見守っていた。
きっと新居に帰ってセックスでもするんだろう。
大体、新居を探した理由が『お互い同じ屋根の下だと気まずい時があるから』だ。
二人が新居に帰る時はセックスをしたい時。丸分かりだ。
仲のいい奴らのそういう話って、なんだか生々しいな……
ユノさんは気付いているのかいないのか、相変わらず顔を火照らせて二人をボンヤリと見ていた。



俺は酔い醒ましついでに、テラスへ出て二人が帰るのを見送った。
俺に向かって手を振ると、二人は寄り添いながら歩き出した。
ミナがキュヒョンを見上げた拍子に、キュヒョンはミナにキスをした。

「お熱いねー」

遠ざかる背中を眺めていると、いつの間にか隣に来ていたユノさんがぼそりと呟た。

「子供が出来る日も、近いかもなぁ」
「…………」

やはりここまで明らさまだと、鈍いユノさんでも分かるらしい。
それでも、二人を眺めるユノさんの横顔は穏やかだ。
こんなにもシスコンなユノさんがキュヒョンを認めて、心から幸せを願えるようになって良かったと思う。

「なぁチャンミン」

ユノさんが、手摺にもたれながら言った。

「俺らも、ラブラブしようか……?」

ああ。そんな可愛い顔で、甘い声で誘わないで。
そうやっていつも、俺のスイッチを簡単に押すんだから。

「したいの?」

手を伸ばし、指先でユノさんの身体をなぞった。

「しないの……?」
「したいよ。めちゃくちゃしたい」

身体を引き寄せようとすると、ユノさんに止められてしまった。

「だーめ。中に入ってから」

酔っているからか、話し方や仕草が何時もより更にエロ可愛い。
今夜なら、ちょっとくらい変なことをしても怒られないかも知れない。
俺は邪な気持ちが湧くのを抑えられなかった。









◇◇◇



ユノさん逃げて~





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

2 Comments

NB  

ちゃー○んさま

★ちゃー○んさま

三つのコメント、まとめて返信致します。すみません。
クリスマス企画、どれも読んで頂きありがとうございます♡
書き溜めたために、一週間以上放置してしまいました。
ピアニッシモはとにかく、ROCKYOUは聖なる夜にはうーんどうなの?的な変態度でした。
どうか嫌わないでください……(^^;

2014/12/27 (Sat) 14:57 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/24 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment