X橋で会いましょう 7

  19, 2014 07:10


長い長い夢を見ていた。
とても濃厚で精神的にも辛い内容だったので、全く休んだ気がしない。
夢の中で経験した事やその時々の感情が、頭の中に色濃く残っている。
俺は何時しか完全にジミンと同調し、彼の心、彼の目線で夢の世界を過ごしていた。
夢から覚めた今もイルホが恋しい。
俺が俺じゃないような、違う誰かが心の中に潜んでいるような感覚……
家を出る前、鏡の中の自分に問いかけた。
君は誰?ジミンなのか?
しかし鏡に映っているのは、何の変哲も無い俺の顔だった。






イルホはジミンと和解し、最強のコンビは再び結成されました。
そして○○年、二人は組織から独立しました。
新たなスタートを斬った彼らは仕事を成功させ、実力を周囲に知らしめ……
やがてたった二人から始まった組織は、何時しか沢山の部下達を従える大きな組織へと成長したのです。
更なる高みを目指していたイルホでしたが、そんな彼を悲しい運命が待ち受けていました。
彼は病にかかり、若くしてその生涯を終えることになります。



「嘘だろ……そんなの……」

その後、先生の声はもう耳に入ってこなかった。






今夜は絶対に眠りたくない。
眠ったら、夢の中でイルホと死別しなければならない。
ベッドの上で膝を抱えていたら、ある瞬間急に意識が途切れた。
まるで誰かに操られているみたいだ。
これはやっぱり、ただの夢なんかじゃない。
俺は眠りの世界でジミンとなり、彼の過去を見せられているんだ……






ベッドで眠るイルホの手を、俺は強く握りしめた。
イルホは薄く目を開くと、俺の方へゆっくりと視線を寄越した。

「ずっと側に居てくれたのか」
「はい。いつでも側におります、イルさま」
「抱かせてくれ……」

イルホは弱々しく手を浮かせ俺を求めた。
身体を寄せて温かい体温に包まれると、目の奥がじんと熱くなり思わず泣きそうになった。

「この手で、これから先もお前を抱き締められると思っていた……」
「そんなこと仰らないで下さい。きっと大丈夫です」
「目を閉じると、暗闇に小さな灯りが見える。恐らく俺の寿命だ。もう死が近いのだろう。一息で消えそうだ」
「嫌、嫌っ……。逝かないでっ」

涙を流す俺の頬を優しく撫でながら、イルホは言った。

「私は逝くのではない。暫しの間眠るだけだ。そう泣くな」
「イルさま……」
「ジミン、笑ってくれ」

溢れ出す涙をこらえ、俺は笑ってみせた。

「よろしい」

イルホは、今迄で一番優しく穏やかな微笑みを浮かべた。
そしてゆっくりと瞳を閉じた後、再び目を開く事は無かった。

「イルさま……。私は……私は泣きません。これは永遠の別れではない。少しの間離れるだけ。だから大丈夫です。きっと、きっとっ……」

自分に強く言い聞かせながら、まだ温かいイルホの身体を俺は抱き続けた。



翌日、大きな聖堂で葬儀が行われた。
高らかに掲げられた十字架の下、イルホが眠る棺が置かれている。
薔薇の花弁に包まれ、穏やかに眠るイルホ。
組織の大勢が祈りを終えた後、俺はイルホの前に立った。
イルホの妻が、俺に一輪の薔薇を渡した。

「薔薇は、男性同士の愛の象徴だそうです。どうぞお祈り下さい」
「ありがとう」

イルホの手に、受け取った薔薇を握らせた。

「貴方にぴったりの色だ。燃える情熱のような、深く濃い赤色……」

胸に手を当て、俺は唱えた。

「この悲しみ……忘れぬよう、深く心に刻まれよ。貴方に再び会うその日まで」

俺は、左胸に爪を立て皮膚を抉った。
僅かな肉魂と血液を握りしめた拳を、イルホの胸の上へ掲げる。

「私の血も肉も心も、貴方と共にある。側におります、イルさま」

拳を伝った血液が、イルホの胸に落ちてじわりと広がった。









◇◇◇



暗い展開続きですいませっ……((T_T))

次回最終回でございます。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説



スポンサーサイト

Comment 4

NB  

ちゃ○さま

★ちゃ〇さま

妻つき、ご理解いただきありがとうございます(*^-^*)
やってばっかりよりは心理戦……(笑)

変態ばかり書いていたので初心に戻れてよかったと思います。
変態、非変態とも読んでいただき感謝です♡
どっちも気に入っていただけるようにこれからも頑張ります。

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
NB  

ひま○りさま

★ひま○りさま

はじめまして、NBです。
コメントありがとうございますm(._.)m

わ~(/_;)/
自信が無かったので気に入って頂けてとても嬉しいです。
次回最終回です。が、なんとまた番外編を思い付いてしまったので、続くと思われます(笑)

他のお話や漫画も見て頂いているんですね!
ありがとうございます~(*^^*)♡
小説もイラストも、更新頑張ります

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?