ROCK YOU 11

















ROCKYOU修正
















チャンミンは年下の割に気が強くて生意気だけど、本当は凄く優しい。
それにしっかり者で頼りになる。
時折男らしい一面を見ると、同じ男として純粋に格好いいと思った。
始めはミナ絡みで付き合っていたが、一緒に居ると居心地が良くていつしか友達のようになっていた。

━━━思い知ればいいよ。自分が間違えてた、俺を信用すれば良かったって

あの日、チャンミンがドアの向こうに消えてから俺は暫く動けなかった。
チャンミンに失望された。
そう思うと頭が真っ白になった。
ずっと親身になって助けてくれていたチャンミンに、俺は何処かで安心し切っていたのかもしれない。
何があっても気持ちは離れないと。
助けは必要ないと言った時も、ソンジンが犯人だという話を否定した時もそうだった。
二度も酷い事を言ってチャンミンを傷付けたのに、俺は馬鹿だ。
チャンミンとこれからも付き合っていくために、俺がすべき事は何か考えた。
真相を明らかにして、しっかりとチャンミンに伝えよう。
結果がどうであれ、傷付けてしまった事を謝ろう。そう決めた。









「ソンジン、今日飲みに行かないか」
「いいけど……。珍しいな、お前が飲みに誘うなんて」

食事じゃなく飲みに誘ったのは、食事が目的で行くような店は大体ワンホールで開け放たれているからだ。
バーや飲み屋の方が、個室や仕切りがあって例の件を話しやすい。

「久し振りに飲みたくなったんだ。たまにはいいだろ」

すると、俺達の間に割り込んだシウォンが言った。

「いいなー。ユノ、俺は俺は?」
「お前今日は教授とディナーだろ」
「ちぇー」

シウォンには悪いが、ソンジンと二人きりなるためにあえて今日を選んだ。
先程もミナが俺に会いに来て夕食に誘われたのだが、それも断った。
今日事実を明らかにする。そう決めていた。



仕事を終え二人で大学を出た頃には、既に辺りは暗くなっていた。
俺とソンジンは過去に数回来たバーに入り、仕切りのある奥のスペースを選んだ。
チャンミンの話を聞いた時、俺はチャンミンの見間違いだと言い張った。
しかし、今となってはそれだけでは片付けられない気がしていた。
ずぶ濡れになり、切羽詰まった顔で突然俺の元を訪れたチャンミン。
きっと相等ショックを受けていたのだろう。
それだけ、衝撃的な場面を見てしまったのかもしれない……

「どうした。急に、飲みたいなんて」
「…………」

なかなか話を切り出せないのは、ソンジンを信じきれないから。
もし本当だと明かされたら怖い。
俺は手が震えそうになるのを堪えて、鞄から写真を取り出した。
始めの頃送られてきていた、何枚かの写真のうちのひとつだ。

「これは?」
「俺の家に、以前送られてきた。この他にも何枚もある」
「まさか……盗撮か?」
「ああ……盗聴された音声が入ったCDROMも届いた。こんな感じの嫌がらせが半年くらい前からずっと続いてる」

ソンジンは苦しげに眉を潜めて言った。

「そんな事が……何で今まで相談してくれなかったんだ」
「チャンミンが助けてくれたからな」
「俺に言ってくれれば良かっただろ」

心配そうに俺を見つめるソンジンに、安心感を覚えた。
やっぱりこいつが犯人な訳ない。
ソンジンは大学に入ってから4年間、頼れる仕事仲間として、友人としてずっと側に居てくれたのだ。
俺の判断は間違いじゃなかった。
カウンターに置かれたグラスを口へ運び、緊張で渇いた口内へ水分を流し込んだ。

「でも……何で急に、俺に打ち明けたんだ」
「……実は、お前の仕業だって情報を聞いて」

するとソンジンは、肩を揺らして静かに笑った。

「くくく……誰がそんな事言ったんだ。まったく」
「そうだよな。そんな訳無いよな……」

安心したからか、次第に頭がぼんやりとしてきて強烈な眠気に襲われた。

「なんか……凄い、ねむ……」

怠くて身体が動かない。
こんなに急に眠くなるなんて異常だ。
まるで、何かが体に作用しているみたいな……

「あ、効いてきたか?」
「え…………」
「さっきグラスに入れたんだ。ごめんなぁ、ユノ」
「ソン、ジン……?」

ニヤリと笑うその顔を捕らえたすぐ後、瞼が降りてきて視界はシャットアウトされた。
暗闇の中、ソンジンの声が聞こえてくる。

━━━━「本当に、誰がそんな事言ったんだ。お前がじわじわと気付いていくところを見たかったのに。余計な事しやがって」

聞き慣れた声のはずなのに、口調はまるで全く知らない奴みたいだ。

ソンジン、嘘だろう。
お前が犯人なんて。
嘘だ、嘘だ……
これは悪い夢だ。
意識を手放す直前に祈った。
次に目を覚ます時、いつも通りの日常がありますように。



しかしそんな俺の願いは虚しく、残酷な展開が待ち受けているのだった。











人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

4 Comments

NB  

ゆか〇ろうさま

★ゆか〇ろうさま

いつもありがとうございます!
残酷な展開、どんな展開か見て頂けましたか?
流血とか暴力とか、もうほんと・・・・・・hmnにこんなことさせてすいません。
あとは責任を持って、幸せにしてあげられるようにがんばりますので!

2014/09/05 (Fri) 15:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/28 (Thu) 11:15 | EDIT | REPLY |   

ゆかたろう  

残酷な展開って…?
ま まさか…! あんな事 やこんな事…?

2014/08/27 (Wed) 23:54 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/27 (Wed) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment