SS ~解っていても、どうにも出来ないこともある~

  18, 2014 16:47


ある日、楽屋でくつろいでいた時のこと。

「チャンミナ、これ土産」

向い合って座っていたヒョンが、俺に袋を差し出した。
見覚えのあるその袋を見て、何処の土産なのか直ぐに解った。

「ディズニーランドなんて、いつの間に行ったんすか」
「こないだ友達と。ちょっとだけな」
「ふーん」

俺もプライベートの事なんていちいち報告しないが、今回は丸っきり何も知らせずに出掛けたのが少しだけ不満だった。
ディズニーランドっていうと特別な感じがする。
そう、恋人同士で行くような……
別に、ヒョンとプライベートでテーマパークを満喫した事が無いのを拗ねている訳じゃない。
断じて違う。

「開けてみ?」

俺が悶々としている事なんて気づいていないヒョンが、ニコニコと笑顔を浮かべながら催促してくる。
袋から出てきたのは、キラキラと光るミニーのストラップだった。
手でハートの欠片を支えている。
何でミニーなんだ。

「見て」

ヒョンは自分の鞄についたストラップを俺に見せた。
同じデザインのもので、ミッキーがハートの欠片を支えている。
まさか……

「ペアなんだ。可愛いだろ」

ヒョンのミッキーと俺が持っているミニーがくっつくと、ひとつのハートが出来上がった。
やっぱりな!
俺は大きくため息をついた。

「土産は有り難いですけど使い道をよく考えてください。ストラップはつけるものでしょ。こんなの人前でつけれますか」
「俺、今つけてるけど」
「ふたりでつけたらどうなると思います?人目に触れて、またホミンガチとか騒がれたらどうするんですか」
「ほんとのことじゃん」
「うっ……!ほ、ほんとだからこそ徹底して隠すんです!」
「大丈夫だろぉ。前だってふたりでちっこいぬいぐるみつけてた事あったし」
「あれはファンの子から貰ったからいいんです。自分たちで買ってつけるのとは訳が違う」

すると、ヒョンの顔が切なげに歪んだ。

「そっか……。チャンミナはファンの子からのプレゼントは喜んでつけるのに、俺があげたものはつけれないんだ」
「いや、そうじゃな……」
「俺たちの関係って、チャンミナからすればそんなに恥じることなんだな」
「違う、ヒョンとのことは誇りに思ってます!」

ヒョンが悲観的なことばかり言うから、つい強い口調で言い返した。
ヒョンはニヤリと笑うと、俺にストラップを握らせて言った。

「じゃあ、つけれないこと無いよな?」
「えっと……それは」
「つけるよな」
「う……」
「つけろ」
「…………」

俺は頷くしかなかった。
ヒョンの笑ってない目に本気を感じて、逆らう事が出来なかった。




その日から、俺の携帯にはミニーのストラップが追加された。
鞄じゃなく携帯なのは、プライベート携帯はファンの前に出る機会が少なく周知され難いと踏んだからだ。
その変わり、事務所のメンバーやスタッフには確実に知られてしまったが……
他のグループの奴が、ふざけていつ結婚するの?なんて聞くから焦った。
俺の携帯にぶらさがったミニーを見て、幸せそうに笑うヒョン。
この顔が見れるなら、多少恥ずかしい思いをしてもつけてよかったのかも知れない。
そんな風に思う自分が、ヒョンと同じくらいどうしようもないのは解ってる。
しかし、どうにも出来ないのが“好き”という気持ちだ。
どうにか出来たならきっと、こんな危険な関係はずっと前に諦めてた。









暫くつけていると、携帯にミニーがぶらさがっているのが当たり前になった。

「お前、よくそれつけたよな」

マネージャーとふたりで打ち合わせをしていると、彼は俺の携帯のミニーをつついて言った。

「だって、あの人つけろって煩いんだもん」
「普通それでもつけないだろ」

俺たちの仲は普通じゃないんです、ゴメンナサイ。
心の中でこっそり呟いた。


それから暫くして、どこからか情報が漏れてストラップの件はファンの間に広がった。
こうして、ホミンガチ伝説にまた新たな歴史が加わったのだった。









◇◇◇



この前ディズニーシーに行ったんですが、ミキミニの商品をみてるとまじでホミンしか浮かばなかった。
ただそれだけです。
今更ですが、私の小説ってリアル設定少ないですね。
リアル設定話下手だなー(笑)
ちなみにミキミニのマスコットがファンの贈り物かどうかは解りません、私の予想です。
真実を知ってる方いたら教えてください。
ろっくゆー更新滞ってますが……盗聴とか、ストーク、犯罪捜査などを調べていて時間かかるっていうのがひとつと、ミンホ書くとホミン書きたくなり、ホミン小説UPしてしまうのがもうひとつの原因かと……(*_*)
のろのろすいません。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 二次BL小説


スポンサーサイト

Comment 0

What's new?