蒼いイト #2

愛の取り引きにおいて、客が売人の個人情報を知ることはタブー。よって俺は、何時も相手の電話番号や住所を知ることは無い。待ち合わせの場所も時間も、予め店長から教えられる。今回の愛の取り引きは、一週間と長い。でも、シムさんの電話番号を知らないので結構不便だ。次何時に何処で待ち合わせるとか、毎回会う時にしか決められないし変更が利かない。今夜の待ち合わせ場所も、丘の上のベンチだった。昨晩、別れ際にこんな会話...

蒼いイト #1

愛が欲しい。ありのままの俺を、受け入れてくれるような。この孤独までも、抱き締めてくれるような。愛が欲しい。静かに、優しく、包み込んでくれるような。気付けば、いつも傍で見守っている・・・・・・そう・・・・・・この、蒼い空のような―――――一日中働いて疲れきった身体で、生気の抜けた随分と酷い顔を引っ下げ、電車に乗り込む。吊革に捕まると、背中を丸め、脱力して長い溜め息をひとつ。窓に映り込む死んでる様な俺の顔と、その回り...

おかえり。

私のこれから。