ユンホ店長の恋 ~さわるな、キケン。~

駅のホームは、電車を待つ人々で溢れかえっている。時間の経過と共に更に人が流れてきて、遂に身動きが取れなくなった。俺は隣のユンホさんの腰を抱いた。はぐれてしまいそうだし、男同士でくっついていてもこんな人ゴミの中じゃ目立ちはしないだろう。「大丈夫?」「うん。ありがと」そう言って笑うユンホさんの顔は何時もより赤い。今日は二人とも早く仕事が終わったので、夕方から飲みに出掛けた。帰りの時間が丁度帰宅ラッシュ...

イラスト集 #1

ランキング参加中です♪気に入って頂けたら、ポチッとお願いします(*^^*)↓にほんブログ村     人気ブログランキングへ...

コメ返

あ~~~あと二日やんけ~~~何とは言わない。言いたくない。そして事情により今日はクローズトゥーユーを受け取れない。早く明日になってくれ~。いや、やっぱならんでくれ~!これでも見て元気だそう。ああっ いくっ・・・・・・て声がチャミから聞こえてきそうだ。うん、ばっちり聞こえるわ。ステージの上って絶対興奮で勃○することあるよね。あはっっ//////あぁんっ イイッ・・・・・・ワタシハヘンタイニスガリツクコトシ...

常闇の魚は愛を知るか? 5

あれは何時の事だっただろう。炎に包まれた街の中心で、俺は空に向かって発砲した。骨さえも焼き尽くしてしまいそうな、ヒリヒリと熱い炎は正に紅蓮そのもの。俺にぴったりだと思った。煙の中に姿を消した標的を追うべく、俺は足を進めた。死と隣り合わせの状況で、俺は笑っていた。自分さえも知り得なかった強い生命力を感じる。燃え盛る炎が俺に力を与えてくれるような、高みへ導いてくれるような、そんな気がした。相変わらず、...

コメ返&年賀状企画について

拍手ボタンからコメ頂いた方へ。>ハ○ヨ○さままいどどうもです♡表紙シリーズ見て頂いてありがとうございます。気に入って頂いた常闇、ミッドナイトは皆さんからも好評でした♪わわ~もう一度読みたいなんてありがとうございます。少しでもお仕事の息抜きになれば嬉しいです。またお待ちしています!>葉○さまいらっしゃ~い(*^_^*)AVについては、どうなんでしょうね~私、リアルのチャミに対しては、そこまで変態像は持って居ないん...