あるコンビニ店員の受難 2

 30, 2015

「ハァ・・・・・・」店長が大きな溜息をついた。「ハァー・・・・・・」まただ。「ハァーッ」ちょ、溜息つきすぎだろ。「店長店長、勤務中」「あ・・・・・・そうだった!いけね」俺が注意すると、店長は表情をキリッとさせて頬をぺちぺちと叩いた。か、可愛い・・・・・・「俺ってほんと駄目な。お前がしっかりしてて良かったよ」店長は俺を見ながらニッコリと笑った。「別に、俺は普通ですよ」俺は作業するフリで店長に背を向けた。きっと今、俺の顔は赤...

ある日、ドフンが衝撃的なセリフを口にした。それは、夕飯の支度をしている時のことだった。ドフンが、俺のエプロンを引っ張りながら言った。「ねぇ、ミン」「なに」「ちんちんって美味しいの?」「は・・・・・・?」始め、ドフンが何故そんなことを聞いてきたのか分からなかった。知識がない故、おかしな勘違いをしたのだろうと思った。「チンコなんて食えるわけないだろ。誰がそんなこと言ったんだよ」俺はその発言を深く考えずに、呑...

あるコンビニ店員の受難 1

 26, 2015

あまりにも誰かを愛してしまった時 ―――・・・・・・人は、自分を見失ってしまうものである。ある時から、店長に異変が起こり始めた。宅配のイケメンと付き合うことになった。そう知らされた、一ヶ月後のことだった。店長は、襟のある服ばかり着るようになったのだ。退勤して更衣室へ向かうと、店長がいた。私服を着ていて、丁度着替え終わった後のようだった。「はぁ・・・・・・。あちぃ」店長は顔を顰めながら、襟を引っ張っている。「暑いな...

近況報告とコメ返

 25, 2015

おはようございます♪漫画、毎日ひとこまを目標に頑張ってますが・・・・・・あれ?何やら怪しい雰囲気。というか、一ページがなかなか完成しません・・・・・・orz一体いつ出来上がるのやら。ユンホ店長の恋 に沢山の拍手ありがとうございます。ミンホな話に拍手が入ると安心します。ミンホ受け入れて頂けた~!と・・・・・・♡更新頑張ります。以下、溜め込んだコメントの返信でございます。いつも遅くて本当にすいません~(>__...

ユンホ店長の恋

 24, 2015

※このお話は100%ミンホです。平穏に見えるのどかな日常。その水面下で、今日も争いが繰り広げられている。ある女子高生は、手作りの菓子を持参する。「苺のパウンドケーキ作ってみたの。食べて?」「ありがとう。貰うね」よくネタが切れないな。つくづく思う。ある婆さんは、クオリティの高い編み物を持参する。「セーター編んだから、着ておくれ」「うわぁ!おばあちゃん、ありがとう」店長の身体のサイズを把握してるのが、むし...