possessive…… 1

 29, 2014

「針変えますね」差し出された腕に、チャンミンは慣れた手つきで針交換を施してゆく。その途中、患者のもう片方の手がチャンミンの尻をかすめた。始め偶然かと思ったが、手は離れる事なく尻を撫で始めた。「何をなさってるんですか」「いやぁ……。君可愛いから、ついムラッときて」「俺、男ですけど」「あーよく見たらそうか!女みたいな顔だから分かんなかった」そんな訳あるかと、チャンミンは心の中でつっこんだ。ボケているなら...

possessive…… 3

 06, 2014

「先生、それどうしたんです?」歯形が付いた指を見て、看護師はユノに聞いた。「あーこれな。治療中に噛まれたんだ」「随分と不穏な患者さんだったんですね」「まぁ、ある意味不穏か…… 」確かに、あの乱れようは穏やかとは言えない。腰を揺らしながら善がっていたチャンミンを思い出し、ユノはうっすらと笑みを浮かべた。そんなユノを見て、何も知らない看護師は不思議そうに首を傾げた。終業時間が迫り、ミーティングのために、...