Humanoid ~親愛なる君へ贈る~ 1

親友のユノは、昔から情熱的で何事にも全力を尽くすような男だった。しかし、恋愛に関しては比較的ドライだった。女が途切れる事は殆ど無かったが、それは寄ってくる女を拒まなかったからだ。想いの比重としては、いつも相手側が強かったように思う。友達や仕事を優先し恋は二の次。だから恋した相手、それも男に、命をかけて向き合うその姿を見て驚いた。戸惑いの中に、俺は嫉妬の感情を含んでいた。ユノは俺の一番の理解者で、側...

Humanoid ~親愛なる君へ贈る~ 2